• 武藤農法

    すべては土から

  • 武藤農法の取組み

    子供たちに安心と安全を!

    パートナー農家募集!!

    無農薬栽培というと自然農法やカルガモ農法など広く実践されていますが、大変手間が掛かり実践するには、かなりの覚悟が必要になります。

    そこで、故武藤傳太郎氏が誰でも(農家様)簡単に安心出来る安全な作物(残留農薬ZERO作物)を栽培出来るようにという思いから生まれた農法です。広く残留農薬ZERO作物を普及させ子供達が、安全な食生活を送れるようにパートナー農家様を増やして行きたいと思います。

  • 武藤農法の6大特徴

    特別な作業はありません!

    手間を取らせません!

    通常の栽培方法に、武藤農法独自の肥料を使用するだけです。また導入時には、現地に出張し土をみて導入アドバイスを行います。

    あらゆる栽培作物で適用できます!

    作物を選びません!

    稲作だけでなく葉菜類、根菜類、果実類などどの種類の栽培作物でも効果をあげることができます。

    連作が可能に!

    どんな作物も連作が可能になります。

    有害物の中和効果もあり、要素欠乏をなくし、連作が可能となります。

    自然災害に強い!

    根の張りが良くなる

    台風などの自然災害でも被害の出にくい丈夫な作物が育ちます。には、近隣の田んぼが大打撃を受けた際にも、武藤農法で作られた田んぼは変わらない収穫量でした。

    品質の向上!

    食味向上と日持ちアップ

    豊かな土壌のミネラル分を効率よく吸収し食味が向上します。

    また『富士山麗の幻』(米)では、タンパク質数値が5%を切りました。新潟のお米農家では酸化しにくいお米としてプロのお米問屋様からも信頼されています。

  • 武藤農法 3種の基本肥料

    『好気性微生物の活性』『土壌改良』『上質な有機肥料』3つの相乗効果!

    大地の子

    520種もの好気性微生物により土壌の浄化と植物の活性UP

    <大地の子効果と使用>

    1.土壌の活性化:施用量 1a元肥 2~5袋 表面に散布して鋤き込む。

    2.有機物の分解と無機化肥料(チッソ系)へのすみやかな転換。

    3.植物等の毛根より有用好気性微生物が入り込み、それらの毛細管内の掃除を行い、栄養分と水分の吸収力を倍増させ、根の活性化及び植物の成長を促す。

    4.収穫量の増加(5~20%) 1gに100,000,000個以上の好気性微生物群がいます。

    成分表はこちら

    大地の宝物

    有益土壌微生物の増殖促進と静菌作用が他に見られない優れた効果を持つ天然鉱物による土壌改良剤です。

    <大地の宝物 効果>

    1.多種の特殊成分を含有し、土壌のミネラルバランスを良くします。

    2.微生物(有益性)の増殖を著しく促進し、また有害なカビ類(糸状

    菌)の発生を抑える効果があり、特にチッソのバランスを調整します。

    3.根の酸素消費量が大幅に向上し、根の張りが良くなるので多肥に耐え

     られます。

    4.珪酸の吸収が良いので、節間の従長も抑え、作柄を安定させます。

    5.有害物の中和効果もあり、要素欠乏をなくし、連作が可能となります。

    6.味、日持ちが良くなり、多収、高品質が期待できます。

    成分表はこちら

    マルイ有機肥料

    焼酎粕の麹菌により発酵促進された良質の有機肥料です。

    当社の肥料は(一部製品を除く)、鶏ふん原料に焼酎粕を添加し発酵させたものです。
    好気発酵により60℃以上の蓄熱となり、病原菌や雑草の種子が死滅しています。
    焼酎粕を使った肥料は、アミノ酸が含まれており低温時や日照不足でも安定した肥効を発揮します。
    またアミノ酸以外の有機質肥料もあり穏やかな肥効を発揮します。

     

    分析値%

    チッソ3.4% リン酸4.3% カリ3.2%

  • 知って欲しい!化学肥料について!

    武藤農法は、無化学肥料により土壌を正常化することで、地球環境に貢献し、出荷時には第三者機関での250項目残留農薬検査を行い、生産者としての責任を負う有機農法です。

    化学肥料メリット

    何故?化学肥料を使用するのか?

    ①即効性があり生産量が安定する

    ②生産性の向上による売り上げの増加

    ③収穫した作物が丸々とし、色が濃い見栄えの良い作物が出来る

    ④購入価格が安い

    安価な野菜を大量に販売する方法です。

    化学肥料デメリット

    何故?化学肥料を使用しないのか?

    ①土の中の養分バランスが崩れる。

    ②土を耕すミミズや微生物が死に土が固くなり生育が悪くなる。

    ③化学肥料は水に溶け易く、畑や田んぼに散布した約50%は土に吸

     収され地下水へ流れ込み水質を汚染する。

    ④長年人体へ蓄積された場合の影響(硝酸性窒素等の影響)

    ⑤リン鉱石問題や化石燃料等の有限資源が製造に不可欠である事

    ⑥過剰な養分と共に植物が水分を吸収しすぎて味の薄い栄養価の低

     い野菜になる。

  • パートナー農家紹介

    私たちのチームを紹介します!

    鳴海農場

    Facebookページ

    新潟県上越市で50町歩の田んぼを手掛けている。武藤農法に賛同して頂き故武藤傳太郎氏から直接武藤農法を伝授される。いまでは、武藤農法の更なる進化に向けて積極的に安全で美味しいお米作りを行っている。

    2015年も残留農薬検査にて検出されませんでした。検査表はこちら

    村松農園

    Facebookページ

    2016年も残留農薬検査にて検出されませんでした。

  • 武藤農法認証マークに関して

    安心できる安全な作物に対する信頼の証です!

    武藤農法認証マーク

    一、武藤農法を行う前に、弊社においての”土”と”水”の確認を済ませていること※

    一、『大地の子』、『大地の宝物』と有機肥料を使用していること

    一、250項目以上の残留農薬検査を第三者機関で行い農薬未検出であること※

    一、化学肥料未使用に同意していること

     

    つまり、品種ではなく品質を重視する農法を示します。

     

    食味は土が正常化され、正しい肥料を与えていれば年々良くなります。

    正しい肥料を使い、無化学肥料で土壌を正常化することで、CO2削減にも大きく貢献できます。

     

    武藤農法は化学肥料を使用せず、残留農薬をなくすことで、身体への影響がない安全な食を求め、地球環境にも配慮し、生産者として責任を負う農法を目指すものです。

     

    ”安心でおいしい食事”当たり前のことをする

      それが武藤農法の求めるかたちです。

     

    ※1、弊社とは有限会社武藤商会を示します。

    ※2、残留農薬は有限会社武藤商会経由で第三者機関へ提出します。(有料)(各農家様での検査も構いませんが武藤商会を通して確認されていない場合は、不正防止のため、武藤農法として正式な認証は致しません)

    武藤農法の認証に関しましては、今後随時弊社ホームページに農家様の名称と所在地を記載していきます。

     

  • 受賞歴/メディア掲載

    武藤農法で栽培した作物の受賞歴になります。

    米・食味分析鑑定コンクール

    平成12年

    品種部門特別賞受賞

    富士山麗の幻

    米・食味分析鑑定コンクール

    平成13年

    総合部門金賞受賞

    富士山麗の幻

    米・食味分析鑑定コンクール

    平成13年

    総合部門金賞受賞

    夢穂

    米・食味分析鑑定コンクール

    平成14年

    総合部門金賞受賞

    富士山麗の幻

    米・食味分析鑑定コンクール

    平成14年

    総合部門金賞受賞

    夢穂

    米・食味分析鑑定コンクール

    平成15年

    総合部門特別賞受賞

    富士山麗の幻

    米・食味分析鑑定コンクール

    平成15年

    総合部門金賞受賞

    夢穂

    米・食味分析鑑定コンクール

    平成16年

    総合部門金賞受賞

    富士山麗の幻

    米・食味分析鑑定コンクール

    平成16年

    品種部門金賞受賞

    富士山麗の幻

    米・食味分析鑑定コンクール

    平成17年

    総合部門金賞受賞

    富士山麗の幻

    米・食味分析鑑定コンクール

    平成18年

    全国名稲会ダイヤモンド褒賞

    過去の米・食味分析鑑定コンクールにおいて、連続5回以上の入賞と総合部門で3回以上の金賞の栄誉に輝き、また、JAS及び無農薬・無化学肥料栽培の圃場を有する生産者が受賞する賞です。

    富士山麗の幻

    米・食味分析鑑定コンクール

    平成20年 用途別部門 

    カレーに合うお米 

    特別優秀賞

    日本全県味巡り山梨編 80巻

    作中ではこのような形で表現されています。

    「ああっ!なんだこのご飯!?真っ白に透き通って光っている!」
    「甘い!それもすっきりとして甘い!!」
    「さわやかでまったく濁りのない味わいだ!!」
    「コシヒカリ、ササニシキ、アキタコマチ、そのどれとも違う!」
    「この粘り気、この透明感、こんな飯は食べたことがない!」

    ※武藤傳太郎氏もご夫婦で作品に登場しています。

    富士山麗の幻

    日本一おいいしい米の秘密

    講談社

    富士山麗の幻

  • 活動実績

    講演や農業体験など、ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。

    「お母さんの学校」との米づくりと野菜づくり

    富士吉田の地域活性化をする団体「お母さんの学校」と一緒に、地元の子どもたちを集めて、武藤農法による米づくりと野菜づくりをおこなっています。

    小学生の総合学習の米づくり体験

    山中湖小学校5年生に対して、自宅から持参したバケツに苗を植えて米を栽培するバケツ栽培を指導していました。

    命の大国ネットワークの主催

    地元の食文化を啓蒙するために、夏・秋に地元の食材を使った食事会を地元の方々と開催しています。

    富士山恵会の主催

    地元の食材を使った地域おこしを目指す異業種交流会を開催しています。

    富士みずほ米生産倶楽部の主催

    有機栽培をしたい農家を募って、米・野菜づくりの技術指導をおこなっています。

    「無農薬栽培」「女性の農業進出」「食生活の改善」などの講演

    農業団体、婦人会、農業の受託組合、若手女性などを対象に講演をおこなっています。

    2015年ミラノ博覧会出品!!

    2015年ミラ国際博覧会が開かれます今回は、メインテーマが「地球に食料を、生命にエネルギーを」サブタイトルとして
    1.食料の安全、保安、品質ための科学技術。
    2.農業と生物多様性の為の技術。
    3.農業植物サプライチェーンの革新。
    4.食育。
    5.よりよい生活様式の為の食。
    6.食と文化。
    7.食の協力と開発。
    上記の事から、好気性微生物を利用した農家として出展しています。

    武藤農法米が掲載されているポスターはこちら

  • 一般社団法人武藤農法研究開発機構の概要

    名称

    一般社団法人

    武藤農法研究開発機構

    理事

    武藤廣子

    郵便番号

    403-0004

    住所

    山梨県富士吉田市下吉田2−26−17

    電話

    0555-22-0381

    FAX

    0555-22-8858

  • ぜひご連絡ください

    アイコンにはリンクを設定するのをお忘れなく!

    Facebook

    お問い合わせ